ねずみ駆除を依頼すべき三つのケース

住居や会社でねずみが出てきたときに、自力でねずみ駆除が難しい場合はどのような場合なのでしょうか。基本的には、業者に依頼するべきケースは三つあります。最初に、1匹だけでなはく群れでねずみが活動している気配があることですたくさんの足跡と鳴き声がするなど、相当数のねずみが家屋の中にいることを知ることができている場合、すでにマウスが繁殖に至っていることがあります。

ネズミ退治の情報を手に入れてみませんか?

1匹のねずみが入っただけで外部に住んでいるねずみが、食べ物などを要求して出入りしているだけであれば粘着シートなどをかけて、その1匹を削除すると解決できます。しかし、群れで住み着かにしている場合では専門業者に依頼しなくてはいけません。



この場合は、被害が拡大してしまうのですぐにメーカーの依頼を考えなければなりません。
また、生活空間のなかにねずみが姿を見せている場合も業者に依頼する必要があります。


ねずみは元来、異常に警戒心が強い動物です。

したがって、ねずみが人に堂々と格好を見せる状態では既にマウスが、その家屋の生活に慣れ切っていることを意味します。
そのため、この場合もねずみ駆除の専門業者の手に委ねることが大切です。



そして最後に重要なのが骨組み的に人間が入りづらいスペースで繁殖しているときです。

ねずみが浸透しやすい代表的なスポットは、屋根裏です。

このとき、屋根裏を離れて別の場所にトラップをしても決定的な成果を得ることができません。

専門業者なら、屋根裏に行動をして専門的な知識で模索することができます。


ねずみの侵入経路や繁殖スポットが複雑な時はやみくもに自力で解決せずにねずみ駆除の業者に任せたほうが得策です。